クリニックなどの医療施設なら、短期間で安心して除去できます

サイトメニュー

これだけは理解しておこう

女性

整形外科に任せるメリットや術後の注意点は

顔にほくろがある人が多いですが、その数が多かったり目立つぐらい大きかったりする場合にはそれをコンプレックスとして生きつづける人も少なくありません。だれにもコンプレックスはありますが、もしそれを取り除くことができて、その結果は明るく過ごすことができるならば取り除いた方がよいでしょう。注意点としては、自分で取り除くのは避けた方がよいことです。小さなものでも、ほくろの細胞は皮膚の奥の方まで続いていることがありますので、痛い経験をして除去したとしてもしばらく経過すると再び出てきてしまう可能性があります。いわゆる脱毛と同じような感じでしょう。脱毛をする場合にも、自分で毛抜きなどで無駄毛を抜いたとしても、1カ月以上経過すると元に戻っていることになります。このように考えるならば、美容整形外科などに行って専門家に任せた方が確実と言えます。美容整形外科でほくろの除去することを避ける人の特徴は、痛みが伴うことそしてお金がかかることでしょう。そこでこの二つに注目すると、まず痛みに関しては部分麻酔をします、そのため、痛みはほとんどないといってよいです。部分麻酔自体が痛いとする声もありますが、最近は麻酔の注射針を工夫して可能なかぎり痛みが伴わないようにしているところも少なくありません。また、保険が適用されるケースもありますので、一度相談してみると良いでしょう。
本格的に美容整形外科に行ってほくろを除去しようと考えた場合、術後のことも考えておく必要があります。ほくろを除去した術後の注意点はいくつかありますが、そのうちの一つはほくろを取り除いた時につけたテープをはがさないことです。多くの場合、取り除いたその日にテープを張り付けて施術は終了になります。このテープは、ただのテープではなく傷口を早く治す働きがあります。それに加えて、傷跡が盛り上がらないようにあるいは陥没しないように元通りにする役割があります。普段ついていないところにテープが付いていると気になってしまうものですが、はがさないようにしましょう。病院の方からもはがさないようにとの指示があります。万が一とれてしまった場合には、もう一度つけ直しましょう。もしどこかにテープがなくなってしまった場合は施術をしてもらったところに行きもう一度貰ってきてもよいでしょう。もう一つは、お酒を飲まないことです。少なくとも、施術をしたその日はお酒を飲まないことが重要です。なぜかといえば、お酒を飲むことにより血液の流れが速くなるからです。そうすると、傷口から出血することがあり、治りが遅くなってしまうでしょう。ただ、傷口がある程度ふさがった翌日以降ならば少量だけ飲んでも問題ないでしょう。

Copyright© 2019 クリニックなどの医療施設なら、短期間で安心して除去できます All Rights Reserved.