クリニックなどの医療施設なら、短期間で安心して除去できます

サイトメニュー

美容整形の基礎知識

看護師

保険の知識や施術の種類

顔などにほくろができてしまった場合やすでに目立つところにできている場合には、これを美容整形外科などで取り除くこともできます。この時知っておきたい基礎知識としては、果たして保険が適用されるかになります。例えば、風邪をひいた場合などは保険が適用され3割負担になりますので治療を受けた側はそれほど大きな負担にはなりません。ですが、美容整形の場合は保険が適用される場合とされない場合があり、もし適用されなければ大きな負担になってしまいます。そこで、どのような場面で保険が適用されるかを見ていきましょう。ほくろ除去する場合に保険が適用されるパターンは、まず手術をする場合です。手術とは、メスを入れたほくろを取り除くことを意味します。ちなみに、最近は電子メスと呼ばれるものを利用することがあります。これは、直接ほくろの細胞にはたらきかけ細胞を死滅させることが可能になるため非常に手軽です。この方法による場合にも保険が適用されます。これに対して、それ以外のレーザー治療などは適用されないとする見解もありますが実はほくろの種類によっては適用することもあります。例えば、ごくまれに悪性のものもありこれは早い段階で取らなければいけません。この場合には、保険が適用されますので安心です。
ほくろを除去する場合、一体どのような種類があるでしょうか。美容整形外科などに行くと、多くの場合メスを入れる方法が利用されています。この方法は、比較的古くからある方法で、ある意味原始的な方法ですが確実に除去できる唯一無二の方法といっても過言ではありません。根こそぎほくろを取り除くので、かなり高い確率で再発を防ぎます。もちろんこれは、担当する医者の腕前にもよりますので必ずしも再発しないとは言い切れませんが、ある程度腕のいい先生ならば確実になくしてくれるでしょう。この方法は、メスを入れるため事前に部分麻酔をする必要があります。ダウンタイムもありますが、2週間から3週間も経過すれば元通りに近いぐらいに戻ることがほとんどです。電子メスの場合も、やはりメスを使った場合と同じような効果が見受けられますが、直接細胞にはたらきかけますのでそこまで広い範囲で切り取るわけではありません。ピンポイントで切り取ってくれるのが特徴といえるでしょう。最近はこの方法が多いですが、まだ採用されていない美容整形外科やクリニックなどもありますので要注意です。レーザーによりほくろの細胞をなくす方法もあります。この方法は、肌を傷つけないため人気がある方法の一つになります。ただ、一回だけで終わるとは限らず、何度か通わなければならないことも考えられます。ただ、時間がかからず一番手軽な方法と言えます。

Copyright© 2019 クリニックなどの医療施設なら、短期間で安心して除去できます All Rights Reserved.